意欲的な生徒大募集

query_builder 2024/06/19
ブログ
IMG_6111

こんにちは。

 

通信講座の採点をしている稲荷興心です。

塾の方では、今日は数IIIC2回目の単元テストがあり、数IIBでは扱わなかった指数関数や対数関数、三角関数、加えてそれらの分数関数、合成関数などについての微分を問う内容になっています。基礎がしっかりしていると簡単に感じる内容ですが、これらの関数の微分についてしっかりと理解できていないと急に難しく感じることでしょう。数IIICが定着しているかの指標にもなる分野だと感じています。大体が高校1年生なので頑張って理解していってほしいなと思っています。高校1年生で数IIICがしっかりしていると、ここからの二年間で本腰を入れて受験数学に取り組むことができます(一年間の基礎的な演習(IAと数IIBの復習)1年間の実践的な演習の合わせて2年の演習を実現できます)。理想的なペースと言えるでしょう。

 

とはいえども理想的なペースを実現するのは、そう簡単なことではないのも事実です。特に高校1年生になってから高校数学を始めた場合、数IIICまで一年間で終わらせるのはかなり難しいです。そういった場合、どうしていけば良いかというと、数IIBまでを高校1年生のうちに終わらせることを目標にすると良いです。これでも非常に難しく聞こえますが、実際にやってみると実現不可能な内容では全然ないことがわかります。実際、現在演習1に在籍している高校2年生の生徒たちの半数近くは高校生になってから高校数学を学び始めています。そして、高校1年生の間に数IIBまで終わらせることができれば、高校2年生で演習1を学び数IIBまでの部分の知識がしっかり定着した後に、高校2 年生の後半で演習1に並行する形で数IIICを学べば、高校3年生になった段階で理想的なペースで学んできた学生に並ぶことになります。少し慌ただしく、かつ一回で数IAや数IIBを完成させる必要があるため、大変なスケジュールであるのは事実ですが、これまでの経験から十分実現しうる計画であるといえます。

 

逆にいうと、そこまでして演習の時間を確保しないと、数学は才能に頼った科目になってしまいがちになるといえます。高校数学を一通り学んだだけで入試問題がすんなりと解けるようになる生徒は非常に稀です。そういった才能ある学生にとっては演習の期間は必要ないかもしれませんが、多くの学生にとっては数学を得点源にしていくために高校数学を一通り学んだ後の演習が必要になります。これまで学んできたことを有機的につなげて、入試問題で問われていることを理解できるようになるために平均して2年ほどの演習を必要とするので、高校2年生のうちに演習の最初の段階にトライできるように用意することが最終的な数学の完成度に大きな影響を与えることでしょう。

 

通信講座では、数学を才能に頼らず努力によって得点源にしたいと願う高校生をいつでも歓迎しています。進度についても一度相談していただければ実現可能な方法を一緒に探っていきたいと思っています。もちろん、もっと早い段階から計画的に取り組んでいきたい中学生にも適した方法であるので意欲的な中学生も大歓迎です。

NEW

  • 今日は...

    query_builder 2024/07/13
  • 夏は夜

    query_builder 2024/07/11
  • 散髪

    query_builder 2024/07/10
  • あつい

    query_builder 2024/07/05
  • 集めるということ

    query_builder 2024/07/04

CATEGORY

ARCHIVE