Blog

東大・京大などトップ大学合格を望む生徒様と保護者様へ

  • ガイド

    【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.8.2 ...

    2021/01/29
    【補足説明】p.57 1つ目の青く塗られた部分の不等式はコーシーシュワルツの不等式です。この不等式の等号成立条件(2つ目の青く塗られた部分)について、式変形を確認しておきましょう。ad-bc=0  ⇔  ad=...
  • ガイド

    【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.8.1 ...

    2021/01/26
    【新しく習う言葉の読み】相加平均:そうかへいきん相乗平均:そうじょうへいきん【補足説明】p.52 「n 項の相加平均と相乗平均の関係」は以下のようになります。p.52 下から7行目からp.53の18行目ま...
  • ガイド

    【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.7 不...

    2021/01/22
    【補足説明】p.48 例題27の解答では x2+4-4x=(x-2)2 と式変形しています。そうすると、x にどんな実数を代入しても、つまり (x-2) がどんな実数であっても、それを2乗した (x-2)2 は0または正の値にな...
  • オンライン講座

    【通信教育 大学受験】東大・京大・医学部を目...

    2021/01/18
    2021年春から稲荷塾のオンライン講座がスタートします。住んでいる場所に関係なく、東大・京大・医学部受験に特化した稲荷塾のシステムで学習できるようになります。そこで、今回はこのオンライン講座...
  • ガイド

    【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.6 無...

    2021/01/12
    【補足説明】p.45 例題26の問題文にある p,q∈Q は、「p,q が集合Qに属する」つまり「p,q が有理数である」ということです。詳しくは『稲荷の独習数学』の28ページを確認してください。p.46 演習26の...
  • ガイド

    【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.5 無...

    2021/01/08
    【補足説明】p.42 8の3乗根(3乗して8になる数)を と表し、これを「3乗根8」と読みます。p.42 y=x3 のグラフについては習っていない方も多いかもしれませんが、描かれているようなグラフになります。...
  • 独習数学ガイド

    【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.4 剰余

    2021/01/04
    【新しく習う言葉の読み】除法定理:じょほうていり剰余の定理:じょうよのていり【補足説明】p.32 ページ中央の剰余の定理についての説明を補足します。「f(x) を x-α で割ったときの余りは x-α より...

NEW

  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 8.1 定義

    query_builder 2021/09/27
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 7.7 数学的帰納法

    query_builder 2021/09/17
  • 【お知らせ】オンライン講座の「受講基準診断テスト」始めました

    query_builder 2021/09/13
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 7.6(7.6.4~) 漸化式

    query_builder 2021/09/08
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 7.6(~7.6.3) 漸化式

    query_builder 2021/09/04

CATEGORY

ARCHIVE

学習のワンポイントレッスンから講師の趣味に関するコラムまで

これまでのように対面形式での数学指導においては、チラシや口コミなどで通塾圏内にお住まいの生徒様が集まってまいりましたが、新設したオンラインコースともなると、どのように遠方にお住まいの方々までコースの告知をするのか、これが大きな課題でした。 そこでこれまでも行ってきたネット上での情報発信にこれまで以上に力を入れ、インターネットから多くの生徒様にオンラインコースの存在を認知していただけるように、難関大学合格を目指す方々にとって有益となり得る数学学習のワンポイントレッスンなどを発信してまいります。

いかにしてオンラインコースの存在を認知していただくかを考え、今までずっと継続してきたネット上での情報発信を、これまで以上に難関大学を志望する生徒様とその保護者様にとって有益となる情報を発信するよう力を入れてまいります。数学学習におけるワンポイントレッスンなど、有益な情報をお届けいたします。

また、これだけでは少々硬い印象になりがちなため、講師陣がより身近で気軽に学習における質問や談笑ができる相手であると認識していただけるようにと、講師それぞれの趣味に関するコラム記事も執筆してまいります。