高校数学を始めてからどれくらいで東大・京大合格レベルに到達できるか

query_builder 2021/08/31
ブログ
合格

東大・京大受験のための数学専門塾 稲荷塾です。

今回は、東大・京大の理系学部に合格するにはどれくらいの勉強が必要かということについて書きたいと思います。



早速ですが、数ⅠAを勉強し始めたところから東大・京大の数学の問題で合格点を取れるようになるまでに、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。


答えは、最短2年です。


どういうことかを説明する前に、まずは稲荷塾の通常クラスの学習ペースについて説明したいと思います。

稲荷塾のクラスは、生徒の学年ではなく学習内容によって「数ⅠA」「数ⅡB」「数Ⅲ」「演習1」「演習2」と分かれています。

この中で「数ⅠA」「数ⅡB」「数Ⅲ」はそれらの内容を初めて学ぶ生徒のためのクラスで、それぞれ半年間で終了します。

その後、「演習1」「演習2」を受講しますが、これらは入試問題が解けるように演習するクラスで、それぞれ1年間ずつかかります。扱う問題のレベルは、「演習1」が大阪大学・神戸大学などの標準問題、「演習2」が東京大学・京都大学などの難問題です。

ということは、稲荷塾の通常の進度で勉強すると、高校数学を始めてから東大・京大の問題が解けるようになるまでに3年半かかることになります。


しかしこれでは高校入学後に高校数学を始めると大学受験に間に合わないことになります。

そこで、必要に応じてこの学習期間を短縮していきます。

時間

まず、3年半を3年に短縮することはそれほど難しくありません。

どうするかというと、「数ⅠA」「数ⅡB」「数Ⅲ」を合計1年間で学びます。

実際に、この進度で学習できるクラスとして「特別クラス」を3年前から開講し、堀川高校、西京高校、北野高校など京都、大阪のトップ高校の生徒が1年間で高校課程を学ぶことに成功しています。


さらに学習期間を短くするには、「演習1」「演習2」の学習内容をそれぞれ通常の1年間ではなく半年間ずつで身につけるという方法があります。

そうすると最初に書いたように、高校数学を始めてから東大・京大の問題が解けるようになるまでの勉強期間が2年間になります。


この「演習1」「演習2」の学習内容を半年ずつで身につけるというのは、過去に多くの受験生がそのようにしてきました。

というのも、高3で稲荷塾に入塾した場合、数Ⅲは学校の授業だけで学ぶとしても、「演習1」の内容が入塾時点ですでに身についていることはまれで、いきなり「演習2」のクラスに入れる生徒はほとんどいません。

そこで、高3の上半期は「演習1」を受講し、クラスの途中(夏頃)で「演習2」に移ることになるのです。


しかし、2021年度から「数ⅠA」「数ⅡB」「数Ⅲ」のオンライン講座を開講し、2022年度からは「演習1」「演習2」のオンライン講座も開講する予定ですので、これを利用すれば、より確実に短期間で数学の得点力を上げること可能になります。

それは、オンライン講座は通塾生向けクラスと異なり、通信制で自由なペースで勉強を進められるので、通常の2倍のペースで受講すれば1年間で「演習1」「演習2」の全ての内容に取り組むことができるからです。

飛行機

色々と書いてきましたが、結局、どこから始めたとしても東大・京大に合格するまでに必要な勉強を自分にとって最適なペースで進められるということです。

オンライン講座は1年中いつからでもスタートできるので、東大・京大を目指して本気で勉強したい生徒の受講をお待ちしています。

学習進度などについて相談したい場合はお気軽にお問い合わせください。


ちなみに、東大・京大の文系学部を受験する場合は、基本的に「数Ⅲ」と「演習2」は必要ありません。

「数ⅠA」「数ⅡB」「数Ⅲ」「演習1」の各講座は同じ講座を2回まで受講することができるので、必要な講座だけに多くの時間をかけて勉強することもできます。

(同じ講座の1回目と2回目は、全て異なる問題を使いますがレベルは変わりません。)

NEW

  • オンライン講座は毎週テストを受けないと受講終了になる⁉

    query_builder 2022/10/28
  • 【お知らせ】演習の各講座の受付を開始しました!

    query_builder 2022/08/01
  • 【お知らせ】演習の各講座を8月から開講します!

    query_builder 2022/06/25
  • 稲荷塾オンライン講座 演習の各講座について

    query_builder 2022/06/10
  • 【お知らせ】オンライン講座と参考書出版について

    query_builder 2022/04/16

CATEGORY

ARCHIVE