高校入試

query_builder 2024/02/15
ブログ
school_test_seifuku_boy

こんにちは。

 

通信講座の採点をしている稲荷興心です。

昼からひどい筋肉痛です。何故かはわかりません。ストレッチをして解決できないかを試していますが、今のところ改善の兆しはないです。もしかしたら天気が悪いので低気圧のせいかもしれせん。そうでなければ気温の急激な変化が理由である可能性があります。いずれにしても少し辛いです。体調面は万全ではありませんが、残り少しの今年度を頑張りたいと思います。

 

さて、京都では高校入試が始まったようです。僕が高校を受験したときは内申点が重要ではあったものの、低くても受けることができる特殊な学校がいくつかありました。今はどういうシステムになっているのかよくわかっていません。内申点が以前よりも重視されるようになったという噂も耳にしました。僕のような不真面目な生徒にとっては生きにくい世の中になった可能性があります(笑)。高校入試は中高一貫校を受けていない場合は初めての入試になったりするので緊張するかもしれませんが、問われる内容は大学入試と比較してかなり狭い範囲からなのでそこまで恐れることではないと個人的には思っています。ただ、入試は相対評価なので周りを上回れば合格しますし下回れば不合格となります。狭い範囲の完成度を問われるという意味では厳しい戦いになる場合も多そうです。

 

僕が高校生をしていたときに感じた一番大きな印象は「人の能力は環境にかなり依存する」ということです。周りが目指すところが高い場合は自分の能力以上の力を発揮できることが多く、逆に周りのモチベーションが低い環境では自分のモチベーションも低下する傾向にあります。僕はどちらかといえば後者の環境にいたと感じているのでその恐ろしさをひしひしと感じています(笑)。進学校とそうでない学校の違いは大体ここにあるように思えます。高校入試はその環境を大きく変えることができる一つのチャンスなので、中学1年や2年で燻っていると感じた場合は進学校を一旦の目標にしてみるのも良いのではないかと思います。きっとその数年後に大きな違いとして現れることでしょう。

 

これは大学入試でも同じで、僕は大学に入って周りが優秀な学生が多かったので(一部そうでない場合もありましたが笑)、さまざまな刺激を受けました。楽しい数年間でした。また、塾もさまざまな学校から生徒が集まってきて同じ授業を受けるのでとても刺激的な環境です。通信講座では他の受講生と切磋琢磨することはあまりないかもしれませんが、小テストや単元テストの点数が明確に出るので、手を抜くと結果からすぐにわかるようなシステムになっています。そういった学校とは少し違う環境というのも良いのではないかと考えています。要はマンネリ化した勉強ではなく少し積極的に勉強を行う環境づくりとしてみようという話でした。

 

体の不調は続いていますが、ブログが書けたのでよかった、ということにしておきましょう。今日は高校入試の話でした。

NEW

  • 作文のすゝめ

    query_builder 2024/06/12
  • 海のものとも...

    query_builder 2024/06/05
  • コピー

    query_builder 2024/06/04
  • 進路について思うこと

    query_builder 2024/05/31
  • 東大と京大の入試の配点について

    query_builder 2024/05/30

CATEGORY

ARCHIVE