『稲荷の独習数学』形式の「データの分析」のまとめを公開しました

query_builder 2020/12/07
ブログ
データの分析

『稲荷の独習数学』は数ⅠA・数ⅡB・数Ⅲの全範囲が1冊にまとまった参考書ですが、「データの分析」については扱っていませんでした。

そこで、「データの分析」についても同じ形式でまとめて、稲荷塾のホームページで公開しました。


「データの分析」のまとめはコチラから


作成したのは稲荷塾講師の松谷先生ですが『稲荷の独習数学』と同じように、

 ① 概要の説明

 ② 「例題」を通しての説明

 ③ 類題での「演習」

の3つのステップで構成されています。


実は、私(大塚)もこれを使って勉強しました。

というのも、データの分析は私が高校生だった10年前には学ばなくてよい単元だったのです。ですから、ほとんど何も知識がなく、知っていたのは「平均値」と「中央値」くらいでした。

そこで、説明に誤りがないか、分かりやすいか、などのチェックも兼ねて一から勉強することにしました。


かかった時間は、演習問題を自分で解きながら読み進めて、だいたい4時間くらいでした。

用語の説明から丁寧に書かれているので、初学者でも読みやすい内容になっています。

終わってからセンター試験の過去問を何年分か解いてみましたが、問題なく解けるようになっていました。


また、後半には少し突っ込んだ説明もあり、単元全体を深く理解できるものになっています。

難関大学の二次試験の問題が解けるようになるにはそのレベルの問題での演習が必要ですが、演習を始める前の準備としては十分な内容だと思います。


『稲荷の独習数学』にデータの分析がなくて困っていた方はもちろん、共通テスト前に一通り確認しておきたい方にも、ぜひ活用いただけると嬉しいです。

NEW

  • 【お知らせ】オンライン講座と参考書出版について

    query_builder 2022/04/16
  • 【京都大学・国公立大学医学部】合格者の体験記を紹介します

    query_builder 2022/03/24
  • 3月14日から新年度が始まりました

    query_builder 2022/03/14
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 8.8 反転

    query_builder 2022/02/18
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 8.6 ベクトル方程式

    query_builder 2022/01/15

CATEGORY

ARCHIVE