【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 8.3 1次独立

query_builder 2021/11/11
ブログ
ガイド

【補足説明】

p.291 例題138の1次独立の考え方を用いた解答について補足します。

まず、ベクトルAPを①と②の2通りの方法で表しています。

①は、点Pを線分AC上の点と考え、AP:AC=s:1 とおいてベクトルAPをベクトルACを縮めたベクトルとして表しています。

②は、点Pを線分EF上の点と考え、EP:PF=t:1-t とおいてベクトルAPをEFの内分点のベクトルとして表しています。

ベクトルABとベクトルADは1次独立であり、ベクトルAPはベクトルABとベクトルADの1次結合で1通りに表されるので、①と②のベクトルAB、ベクトルADの係数はそれぞれ等しくなり、これらを比較すれば s, t が求められます。

NEW

  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 8.4 三角不等式

    query_builder 2021/11/26
  • 数学塾のオンライン講座で「東大・京大受験の基礎」を身につける方法

    query_builder 2021/11/24
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 8.3 1次独立

    query_builder 2021/11/11
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 8.2 内分点、外分点のベクトル

    query_builder 2021/11/02
  • 稲荷塾オンライン講座のホームページをリニューアルしました!

    query_builder 2021/10/22

CATEGORY

ARCHIVE