【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.4 剰余

query_builder 2021/01/04
ブログ
独習数学ガイド

【新しく習う言葉の読み】

除法定理:じょほうていり

剰余の定理:じょうよのていり


【補足説明】

p.32 ページ中央の剰余の定理についての説明を補足します。

f(x) を x-α で割ったときの余りは x-α より次数が小さい」とありますが、x-αx の1次式なので余りは定数項になり、β で表すことができます。そのため、f(x)=(x-α)g(x)+β と表すことができ、この式に x=α を代入すると、左辺は f(α) です。右辺の (x-α)g(x) の部分は (α-α)g(α) つまり 0×g(α) となるので、右辺には β だけが残り、結局 f(α)=β となります。

もし、f(x) を x-α で割ったときの余りが x-α より次数が小さくないとすれば、その余りはまだ x-α で割ることができます。たとえば、x2-x+3x-2 で割った式を

x2-x+3=(x-2)(x-1)+2x+1

と表し、2x+1 が余りだとするのは誤りです。2x+1 はまだ x-2 で割ることができ、2x+1=2(x-2)+5 なので

x2-x+3=(x-2)(x-1)+2x+1=(x-2)(x-1)+2(x-2)+5=(x-2)(x+1)+5

となり、余りは定数項の5だけになります。


p.39 上から8行目の f(x)=(x-1)2{(x+1)2g(x)+x+3}+6x-2 の式は、p.38の下から7行目の①の式に a=1, b=3 を代入したものです。

NEW

  • 【通信教育 大学受験】東大・京大・医学部を目指す生徒のための数学のオンライン講座

    query_builder 2021/01/18
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.6 無理式(2)

    query_builder 2021/01/12
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.5 無理式(1)

    query_builder 2021/01/08
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイド 1.4 剰余

    query_builder 2021/01/04
  • 【通信 塾】『稲荷の独習数学』ガイドについて

    query_builder 2020/12/29

CATEGORY

ARCHIVE